ロジュマン京都三条柳馬場

提供: 住適空間(すてきくうかん)
移動先: 案内検索
ロジュマン京都三条柳馬場外観

物件概要[ ]

  1. 京都市営地下鉄烏丸線 「烏丸御池」駅 徒歩7分
  2. 京都市営地下鉄東西線 「烏丸御池」駅 徒歩7分
  3. 阪急京都本線 「烏丸」駅 徒歩8分
  4. 京阪本線 「三条」駅 徒歩11分
  • 総戸数:14戸
  • 構造、建物階数:地上5階建
  • 敷地の権利形態:所有権の共有
  • 完成時期:2016年09月下旬予定
  • 売主:MID都市開発株式会社
  • 施工:株式会社岡野組


価格・コスト・販売時状況[ ]

  • それぞれの居室のドアが全て独立しているのは珍しいと思いました。 どちらかと言うと、小さい子供が居るファミリー向けの間取りと言うよりは ある程度大きくなった子供の居るファミリー向けの間取りなのでしょうか?
  • 価格がわかりませんが、3ldkなら億近いでしょうね。
  • 先週の土曜日で第1期の登録の締め切りはしたとのこと。抽選はあったのでしょうか。公式サイトが更新されていないのでどうなっているのかしら、と思っております。第1期は9戸でしたので、もしかしたら抽選になってしまったお部屋もあったのかもわかりません。
  • HPの室内写真を見ると非常に魅力的に感じます。ここは、人気あるのでしょうか。
  • 80平米9080万円て何階ですか?


交通[ ]

構造・建物[ ]

  • 敷地面積:351.87m2
  • 和のつくりのマンションですから外観が旅館のようでおしゃれです。
  • ワンフロアに3戸なのかな。角部屋率も高く住みやすそうです。



共用施設[ ]

  • 自転車置場:16台
  • ミニバイク置場:1台


設備・仕様[ ]

  • HPに載っているモデルルームのキッチンの壁紙はオプションでしょうか。レンガ調になっていておしゃれに見えますね。内装の壁紙や浴室のデザインはおしゃれですから内装は高級感があっていいですね
  • 公式サイトを見ていて思ったのは、先進の設備といいつつも最近のマンションではついていることの多いものばかりであったこと。グレードは高そうに見えますけれども…。
    • 室内設備は特に目新しい感じはないですけど。


間取り[ ]

  • 間取り:1LDK~3LDK
  • 専有面積:61.66m2~80.80m2
  • 西日が当たらず、冬は寒く少し暗いかも。通りの東側に位置してた方がいい。
  • 2LDKだと洋室(2)の扉は可動式にしても良かったような。 一部屋がきちんとあるタイプの方がこの辺りでは好評なんですかね。 サンルームが面白いですが他の部屋にもあるんでしょうか。 Cタイプは廊下が長かったり部屋の柱が出ているところなど もうちょっとどうにかならなかったのかなあと思います…。面積広いですしね。
    • そうなんですよね。基本的には良い部屋だと思いますが、 もう少しこうすれば、みたいな欲張ってしまいたくなるような要素は多いかもしれません。 できることならば、オプションでいろいろといじるのも良いのでしょうが、 構造的な面はどうしようもないです。 でもそこまでデメリットっていうほどでもないかも。
  • アルコープがしっかりと広く設計されているので、 プライベートがちゃんと守られる感じがして良いと思いました。 収納スペースも各部屋広く設計されているところも良いですね。
  • サンルームというのはバルコニーが狭い場合は利用価値がありそうです。外に干したくない方にとってはサンルームがあると便利でしょうし、部屋干しスペースがあるのは生活するうえでうれしいスペースですね
  • 全戸分が角部屋というのはなかなか無い気がします。1フロアに3戸しかないのは魅力的です。広々とした間取りになっていて使いやすそうだ思いました。
  • おお、すごいワイドスパン!と2LDKの間取りを見て一瞬思いました。縦長の間取りを見慣れているので、横長の間取りはとても新鮮に見えました。南側が下になっているので、これはこれで正解なのだと思います。 全体的に窓が小さめだと思いました。サンルームが楽しみだったのですが、扉が無ければ普通にリビングダイニングの一部なだけですから、損したような得したような微妙な気持ちです。 キッチンは単独の空間になっていて、換気がしやすく、落ち着いて料理ができそうです。

[PR] スポンサードリンク

買い物・食事[ ]

育児・教育[ ]

周辺環境・治安[ ]

  • 地域・地区:商業地域、準防火地域、15m第4種高度地区、旧市街地型美観地区、遠景デザイン保全区域、埋蔵文化財地区、姉小路界わい地区地区計画、職住共存特別用途地区
  • このあたりは投資用としても魅力がありますから、セカンドハウスとしても良さそうな場所です。
  • 場所は抜群ですね。本当の「田の字」(京都弁で町中という意味)です。 柳馬場通六角が市街地の中心で、平安時代は鍛冶屋や商屋の多かった場所。 生活は便利ですが、緑が少なく、セカンドハウスですね。
  • この立地は周辺の買い物は便利かもしれませんが日々の生活としてなら、住む場所としては考えにくいかなと思います。
  • 交通アクセスが便利で生活利便施設もマンションの近くにある。大通りから逸れているのも良いです。


周辺施設[ ]

その他[ ]

掲示板[ ]

kansai/584506/17