アルプスピアホーム

提供: 住適空間(すてきくうかん)
移動先: 案内検索
  • この記事は参考になりましたか?
    4.00
    (1 票)
アルプスピアホーム.jpg
 

会社概要[ ]


アフターサービス・保証[ ]

  • 3ヵ月、6ヶ月、1年、2年、5年、10年、15年、20年と定期点検を実施。
  • 私はピアホームで建てた施主ですが、メンテナンスは受けています。
  • 先日、新築後6か月点検に来られました。2時間以上点検して行ってくれました。


営業[ ]

  • 初めてショールームを訪れた時に案内していただいた方から、とても正直で爽やかな会社というイメージを感じました。また、その後携わっていただいた社員の方全員から誠意を感じています。
  • オープンしてそれほど時間が経過していないとお聞きした長野ショールームですが、とてもアットホームな雰囲気だと思います。
  • プランナーさんの知識が豊富で、プランナーの方が見積もりも作るんです。結局、家造りはコストを考えながら決めてくので、ピアさんだと話しが超早いです。
  • アルプスピアホームのプランナーさんは、あ~だこ~だと迷ったり変更したりしても、本当に何度も何度も相談に乗っていただき、快く応じてくれました。
  • 資金調達に関しても、一緒に銀行にも足を運んでくれたり、建設中のアパート代金とローンがダブると大変だろうからと、繋ぎ資金も何とかして下さるなど、至れり尽くせりでした。
  • アルプスピアホームさんの建築の構造見学会へ一度行ってみました。自分なりにかなり勉強して行ってみましたが、基礎から構造体や断熱をつぶさに説明を受けました。純粋に説明のみで、後のセールスの勧誘は一切ありませんでした。
  • 何度かアルプスピアホームさんの見学会へ行ってみました。構造や仕上がりが気に入ったので、建築の相談にのってもらいました。とても親切に当方の要望をよく聞いていただき一年以上に渡り30数回の打ち合わせをし十分納得の末ようやく着工にこぎつけました。
  • 何年たっても、営業の方の姿勢が変わらないです。
  • アルプスピアホームさんは会社ができて8年ですが、社長さんは住建に勤めていた方で、建築に際しては社長自らが相談に乗ってくれますし、何よりもスタッフの方々がプロ集団で、他の建築会社よりも利益率を下げて、その分が建築主側に還元されるようなプランを企画してくれます。
  • ビフォーサービスまでしていただいています。現在土地の造成をアルプスピアさん経由で土建会社に御願いしているのですが、造成工事のための近所廻りの挨拶を一緒にしてくれて、おかげで無事進んでいます。 まだ土地の調査等の経費しか支払っていませんし、まだこちらで建てるとの契約をしていない常態でのサービスです。


[PR] スポンサードリンク

施工・設計業者[ ]

  • 以前は結構良い仕事をしていな感じがするのですが 最近は職人の出入りが激しく 細部の仕上げが雑になっています。
  • 担当してくれた職人さんもとても感じが良くて 最初の挨拶の時に棟梁の方が「私たちに仕事をくださって ありがとうございます」って言ってくださいました。
  • 棟上げや引き渡しにも社長さんまで来て下さいました。
  • 監督さんはじめ工事業者さんも気持のいい方ばかりで仕事も丁寧でした。
  • クレーム、修正がほとんどなかったです。住んだ後も、ほとんど出ていません。


価格・コスト[ ]

  • ラポール:2052万円/ニコ:1771万円/アリエッタ:1680万円 など
  • 金額設定がはっきりしているので、わかり易いし納得できるし自分でも計算できちゃいます。
  • オプションが安いです。数社とプランニングしてたんですが規格外のものをつけたときの金額が他メーカーより安いです。
    • アルプスピアホームのオプションって何もかも高いです。ここ10年でこんなに値上げしているところはアルプスピアホームだけ。他はすべて10年前より装備が良くなっても値段だけは下がっていますからね。
  • 規格プランでの値引きは原則無いです。規格プランの間取りを変更しなければ増額はありませんが、変更すると、変更の規模によって5~20万の増額だったような気がします。
  • アルプスピアで見積もりを取ったのですが見込みの1.5倍くらいの値段になってしまいました。 材料、装備や作りはローコストですが、値段はローコストではありませんでした。
  • 土壌工事などは別として、2300万円でした。ビエンヌ(2年前は1938万)でしたから、350万円ほどアップしています。これはオール電化やLAN工事ほか、オプション工事によるものがほとんどです。
  • うちはオプション込みで2300万で約50坪なので、46万です。


建物・構造[ ]

  • ベタ基礎
  • プラットホーム工法:柱と同じ太さの木材をプレカットの仕口加工で100cm×50cmに細かく組み入れたプラットホーム工法を標準装備としています。プラットホーム工法の床組(100cm×50cm)の上に、15mmの構造用合板を床全面に貼りめぐらせています。「プラットホーム工法の格子組」+「構造用合板の面強度」による相乗効果で剛性を飛躍的に高め、木造軸組工法の最高性能を引き出しています。耐震等級3をクリアした高耐久・高耐震の構造です。
  • W耐力壁「耐力面材 ダイライト」+「筋違い」&防火性能
  • W耐震接合金物「HSS金物」+「耐震接合金物」
  • 基礎断熱工法・魔法瓶住宅:基礎外周内全てをウレタン断熱し、基礎立ち上がり部分からの冷え込みをシャットアウトします。ウレタンフォーム(発泡プラスチック系断熱材)で基礎~外壁~屋根面と家全体に吹き付けるため、建物全体をまるで魔法瓶の様に一体で断熱することができます。(基礎ウレタン厚120mm・外壁ウレタン厚75mm・屋根裏ウレタン 厚160mm)
  • 壁体内通気工法:外気を自由に出入りさせ壁体内に入ってきた水蒸気を排出させます。万が一結露が発生した場合でも解放された下端から水を排出し乾燥状態を保つ仕組みになっています。
  • 断熱がいいですね。発泡ウレタンを全面に吹き付けるので 隙間はいっさいなし。高気密で高断熱です。
  • 住み心地は暖かくて大満足です。超寒い場所にあるのに、朝6時頃や、夕方帰宅時でも14℃は下りません。
  • 完成は12月でしたが正月はすごく温かい家(室温は一定で常に20度を保っています)で過ごすことができ満足しています。
  • 2008年のAPHさんのデータですが、C値0.5~0.7Q値1.659位だそうですよ。
  • 冬暖かいは夏暑いと同じということがわかりました。けっこう夏はクーラーをいれていました。しかし全部太陽光発電で賄っていたので気になりませんでした。


[PR] スポンサードリンク

設備・仕様[ ]

  • 高性能16mm空気層ペアガラスLow-Eガラスを標準装備。
  • 24時間熱交換換気システム:換気の際捨てられてしまう室内の暖かさや涼しさを再利用(熱回収)する省エネ熱交換換気システム(第一種換気)を採用しています。ただ熱交換するだけではなく、湿度まで交換する「全熱交換タイプ」で室内の熱エネルギーを効率良く回収、再利用するシステムです。
  • 蓄熱床暖房は確かに暖かです。ですが高気密高断熱のAPHだったら、オール電化オプションの蓄熱暖房機で十分あたたかですよ。 うちは1階7Kw 2階3Kw(増設)ですが、家の中が20度の保たれています。


間取り[ ]

  • 40種類以上のプランがあるので、自由設計じゃない方が良いかもしれません。


掲示板[ ]