L値

提供: 住適空間(すてきくうかん)
移動先: 案内検索
  • この記事は参考になりましたか?
    0.00
    (0 票)


L値とは、音をどの程度遮るか『遮音性能』を表わす単位のことです。「ほとんど気にならない程度に聞こえる」の音の伝わり方を標準(L-50) として、Lの数値が大きくなるほど遮音性能は低くなり、数値が小さいほど遮音性能が優れるように定められている。

音の種類 足音などの重量物の衝撃音 コップなどの軽量物の衝撃音
遮音等級:L-30
ほとんど聞こえない 全く聞こえない
↑高い  L-35
静寂時は、聞こえる ほとんど聞こえない
L-40
遠くから聞こえる 静寂時は、聞こえる
L-45
少し聞こえる 遠くから聞こえる
標準  L-50
ほとんど気にならない程度に聞こえる 少し聞こえる
L-55
聞こえる 気にならない程度に聞こえる
L-60
気になるくらい聞こえる 聞こえる
L-65
よく聞こえる 気になるくらい聞こえる
↓低い  L-70
うるさいぐらい聞こえる よく聞こえる