アートプラン

提供: 住適空間(すてきくうかん)
移動先: 案内検索
  • この記事は参考になりましたか?
    0.00
    (0 票)
アートプラン.jpg
 

会社概要[ ]

  • 社名:アートプラン株式会社
  • 本社:愛知県名古屋市中区丸の内二丁目16番3号丸の内A・Tビル10F
  • URL:http://www.artplan21.jp/
  • アートプランは土地分譲・戸建はもとよりデザイナーズアパートメントなどの地域の活性化を図る開発を行っています。


評判[ ]

  • 新築戸建・中古戸建からマンション、不動産、リフォームに至り幅広く手掛けている。


アフターサービス・保証[ ]

  • 完成引き渡しから1年後、2年後の定期点検あり。


施工・設計業者[ ]

  • アートプランデザイナーが、設計デザインを行う。


建物・構造[ ]

  • 基礎:建物の荷重を地盤に伝える基礎は、住まいの強度や耐震性に大きな影響を及ぼします。建物の外周部と内部の主な間仕切りの下には、逆T字型をしたベタ基礎を設置し、アンカーボルトで土台に緊結します。
  • 柱・筋交い:構造体の要となる柱は、建物をしっかり支えられるよう十分な太さのものを使用しましょう。しかし、柱だけでは地震の力に抵抗できないため、柱と柱の間に斜めに渡す筋交いを入れます。筋交いの幅は、高さの三分の一になるようにし、土台や柱・梁などの骨組みに、釘や金物で緊結します。
  • 耐力壁:筋交いや構造用の合板で構成された耐力壁は、地震・台風などに抵抗するとともに、経年変化による建物の変形にも効力を発揮します。耐力壁は十分な量を建物全体にバランスよく配置しなければなりませんが、開口部を大きくとる建物の南側は、量が不足したり、配置が偏ったりしやすいので注意が必要です。
  • 床・屋根:床や天井の四隅には、梁や桁、土台などのゆがみを防止するため、火打ちと呼ばれる斜め材を入れます。また、屋根が重いほど建物は揺れやすくなるので、構造の強度を十分に高めるなどの対策が必要です。(アートプランでは、軽い材質の屋根材を使用しております。)


掲示板[ ]