アルファステイツ桜町III

提供: 住適空間(すてきくうかん)
移動先: 案内検索

目次 >

    • この物件の評価はいかがですか?
      0.00
      (0 票)

    物件概要[ ]

    • 所在地:香川県高松市桜町1丁目528-1(地番)
    • 交通:高徳線 「栗林」駅 徒歩1分
    • 総戸数:42戸(管理事務室を除く)
    • 構造、建物階数:地上15階建
    • 敷地の権利形態:所有権の共有
    • 完成時期:2016年11月下旬予定
    • 売主:穴吹興産株式会社
    • 施工:大末建設


    価格・コスト・販売時状況[ ]

    • 価格設定がだいぶ強気ですね…正直なところRG県庁前第2のお得感に比べてしまうと…悩ましいです。
      • やっぱり高いんてすか?
    • 北側にJR高徳線の栗林駅(高架)があるため、5階6階あたりがちょうど重なる感じです。このため、価格も7階以上で段違いに上がる感じです。実際にお買い得感の低いところが残っているみたいでした。
    • 思ったより苦戦してるのか、なかなか完売しない様子。ちょっと高いからな~。


    交通[ ]

    構造・建物[ ]

    • 敷地面積:1,804.75m2
    • 建築面積:424.27m2
    • 建築延床面積:4,092.01m2
    • 法定建ぺい率:60%
    • 法定容積率:200%


    共用施設[ ]

    • 駐車場:45台
    • 駐輪場:77台
    • 全戸分の敷地内駐車場が完備されており、かつ平面駐車場というところは評価が高いですね。機械式やタワー型駐車場は、後年度負担が高くなりやすいので、人気の栗林・桜町地区としては価値がありそうです。
      • 駐車場は魅力的です。


    設備・仕様[ ]

    • 設備や構造などのスペックは良いですか?
    • 個人的には、このご時世に直床や在来工法を採用してるあたり、だいぶ建築費のコストダウンを図ってるな…とは感じましたが。
      • 直床は気になりました。直床か二重床かは意見が分かれているようですので、住んでみないと分からないですよね。床の構造以外に気づかれた点はあります?
        • 近年の分譲マンションでは小梁が室内に出ないようにボイドスラブ工法を採用されているケースが多いのですが、当該マンションは在来工法のため、どうしても室内に小梁が生じますね。あと、直床と二重床については、将来的なリフォームやリノベーションにも大きく関わるので、個人的には二重床であればベストでしたね。


    間取り[ ]

    • 間取り:3LDK、3LDK+2S、4LDK ※Sはサービスルーム(納戸)です。
    • 専有面積:73.01m2~93.07m2


    買い物・食事[ ]

    育児・教育[ ]

    周辺環境・治安[ ]

    • 用途地域:第二種住居地域
    • 隣接部屋や外からの遮音性が気になりますが、いかがですか?
      • 遮音性については、実際に住んでみないと分からないところも多いでしょうが、分譲マンションとして最低限のラインはクリアしてると思います。

    [PR] スポンサードリンク

    周辺施設[ ]

    その他[ ]

    掲示板[ ]

    hiroshima/571142/0-6

    アルファステイツ桜町III

    物件概要
    所在地 香川県高松市桜町1丁目528-1(地番)
    交通 高徳線 「栗林」駅 徒歩1分
    総戸数 42戸