兼六ホーム

提供: 住適空間(すてきくうかん)
2013年3月10日 (日) 17:21時点におけるRenren0126 (トーク | 投稿記録)による版

(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
移動先: 案内検索
兼六ホーム.JPG
 

会社概要[ ]


評判[ ]

  • 地場の不動産やさんにお聞きしても、兼六は安心と言われました。
  • 兼六は埼玉の上尾(高崎線)や、川越線あたりまで範囲を広げています。確かに悪い噂は聞きませんね。


アフターサービス・保証[ ]

  • 安心の長期20年保証システム:定期点検(1・2年目)。基礎・構造躯体・防水は10年保証。保証期間の延長を行った場合、保証期間20年をご用意しております。
  • 住宅性能評価書は取得しておりません(取得の場合:有料)。強化の対象は「耐力壁を増やす」「基礎の補強」など。全棟、地震に対する構造上の安定性をチェックしていくので安心といえます。
  • 定期点検の時は、あらためて家の設備の説明と調整や整備の仕方を教えてくれて、実際にたてつけを調整してくれました。震災で少し固くなったかなと思っていたところもそれで直りました。
  • 入居後も、何かあったとき(例えば壁紙に隙間があるとかドアの軋みが気になるみたいなこと)でも、電話するとその日のうちに家に来て対応してくれることが多いので、アフターケアの面でも信頼できるかなと思っています。
  • 購入して2年経ちますが、不備は今の所前々無いです。門扉のネジが折れてしまいましたが、連絡を入れたら営業の方が調度、自分の住んでいる方面に来るからと無償で修理もしてくれました。
  • 施工については、かなり満足してます。入居に際して、内装面での施工ミスがいくつかありましたが、連絡したらすぐに対処(手直し工事)してくれました。
  • 入居後の対応はとてもよくとても満足してます。ちょっとした調整でもすぐに来ていただけるので、信頼しています。
  • 1年点検を受けましたが、点検とは認めがたい内容。外を一回りした後、窓やクローゼットの扉を開け閉めしながら、メンテナンスのアドバイスをするだけ。チェックリストも計測も全くなし。不具合を指摘しても、修理する姿勢など皆無。一般的な原因を語るだけで、不具合原因を調べようとしない。2年点検はさらに簡素な点検で、連絡なければ外を一回りするだけでと言って帰った。
  • シロアリの疑いが縁側であったので、シロアリ検査を見積もりをお願いしたところ、「後で電話します」と言われましたが、その後、なしのつぶて。対応もいい加減な感じでした。
  • すぐ直して欲しいと言ったら2ヶ月後になると言われた。
  • 定期点検の案内があり、記入してそれを返信しても一切音沙汰がありません。葉書には記入してくれた日を確認してご連絡しますと書いてありますが一切連絡はありません。またこちらから電話しないとだめみたいです。


営業[ ]

  • 営業マンのレベルはあまり高いといえません。
  • 営業マンのレベルは、大手と違いかなり低いです。知識レベルがかなり低いです。
  • 確かに営業マンのレベルは低いねぇ〜。素人がちょっと勉強したら、もう付いて来れなくなっちゃう。
  • 営業等の対応は、2流かなって感じ。聞いてくれることは聞いてくれるんだけど、段取りが悪いと言うか何というか、イライラさせられるよ。


[PR] スポンサードリンク

施工・設計業者[ ]

  • 我が家の玄関や駐車場の前に車を停めたり、組んだ足場が我が家に越境したり、時折釘が飛んできたりと、マナーが悪いことこの上ありません。何度か兼六の現場監督に改善をお願いしても、その場だけ「すみません、すみません」と謝るだけで、現場に発言力がないのか全く改善が見られません。
  • 施工ミスといっても壁紙の汚れとかへこみとか、台所周りで設計書どおりの器具が付いて無かったりとか……。でも1日で直せる位の比較的軽微なミスでした。(評価できるのは、対応がとてもスピーディーでした)
  • 基礎工事自体も、わずかな時間でちゃちゃっと終わらせたようで、コンクリートに気泡が何箇所もあるようでした。
  • うちの担当監督さん、大工さん達は、とてもよい感じで面倒な希望にも 熱心に応じて下さいます。こんないい会社で、家造りができて すごくラッキーでした。


価格・コスト[ ]

  • 他の建売業者などに比べ、同じような条件でも確かに2~3割価格設定が高いです。
  • セミオーダーで建てるプランが多いのですが、割高です。
  • 兼六の建売見学と条件付の家の説明を受けましたが、価格なりの家でした。高断熱、高気密の家にするには、+150〜200万円必要になるようです。


建物・構造[ ]

  • 「べた基礎」「深基礎」「支持杭基礎」から基礎工事の方法を選択。
  • 「兼六パークタウンシリーズ」では、太さ13mm及び10mm の鉄筋を間隔200mm で網状に組み堅牢性を一層向上させています。
  • 土台には「米ヒバ(ベイヒバ)」を採用。
  • 木造軸組工法、集成材&KD材(乾燥材)を採用。一般材に比べ約1.5倍の強度を誇ります。
  • 水平構面の剛性を高める厚さ24mmの構造用合板を利用し、横からの圧力に負けない剛性の高い床を実現しています。
  • 壁倍率2.5倍の「ダイライトパネル」を採用。鉱物質繊維と火山性ガラス質材料を原料にした無機質の複層板です。その最大の特徴は、木材のように簡単に加工できて、しかも高い強度と防火性を発揮するということです。
  • 通気工法により外壁と内壁の中間層の湿気を放出。
  • 「兼六パークタウンシリーズ」においては、基礎全面に厚さ150mmのコンクリートを打設したべた基礎を採用したのをはじめ、基礎パッキン工法により常に床下に空気が流れる設計を採用。
  • シックハウス対策を施した健康断熱材「アクリア」を採用。それに加えて通常の2倍の厚さの防湿フイルムで表面を処理。万全の結露対策を行っています。また万が一の火災に燃えにくいのが特徴です。「アクリア」の素材グラスウールは、吸音性に優れていることから、劇場の音響調整や防音対策にも使われています。
  • 湿気の影響を受けやすい床の断熱材には、マットエースU ボードを使用。撥水加工が施された床専用の断熱材ですから、その性能を充分に発揮できます。
  • 平成24年4月より、これまで法的な計算で充分だった耐震等級1から耐震等級2をクリアできるように全棟計算を行い補強を実施しています。
  • 遮音性、断熱性は結構あると思います。
  • 見た目は古い印象だけど、値段の割にはきちんとしたつくりだと思う。
  • 遮音性は、9mm遮音マットがついていますが、セキスイやへーベルハウスと比べればかなり落ちますが、一般的でしょう。
  • 半年で雨漏り、一年10ヶ月で屋根の板金が飛びました。2m位の鉄板に片方だけ釘が5本打たれた物がお隣宅に飛びました。その後、フローリングの床が平行で無い為ドアが閉まらなくなり、ドアを切る始末…。
  • 内装の材料はちょっと安物を使用している感があります。建材は全て集成材です。
  • 壁が薄いので、小声で話さなければ外に聞こえる。地震がくると、おもいっきり軋み音とともに、ぐらぐら揺れる。揺れ方が半端ではないので、担当セールスに電話、橋と同じで揺れた方が良いのですと素っ気なく対応されました。
  • 多棟現場でもちぐはぐな家が多く標準プランだと設備も良くないしいまいちです。


[PR] スポンサードリンク

設備・仕様[ ]

  • ガラスも全室複層ガラスなので、閉めてしまえばご近所の声などといった音も気になりませんし、1階居室には原則シャッターも付いているので我が家では満足しています。(1階出窓部分と2階居室部分のシャッターはオプションでしたが…)


間取り[ ]

  • 我が家は建売住宅という名目で購入しましたが、更地の状態で契約したので、間取りの多少の変更にも対応して頂き、内装、外装も自由に選択できて、満足しています。


その他[ ]

  • 兼六の友の会:最新の新規物件情報を、お客様のご希望条件にあわせて、より希望に近い、さらに詳細な情報をお届けするサービスとなっております。入会金・会費とも無料です。


掲示板[ ]